Home 天然石ノート クォーツと水晶の違いってな...

クォーツと水晶の違いってなんだろう?

2 18553
水晶 原石 クラスター

クォーツと水晶は、どちらも珪素で形成している鉱物です。
そのため両方とも鉱物的には全く同じものです。
しかし、同じ鉱物にも関わらず何故呼び方が違うのでしょうか。

クォーツとは

クォーツ原石

クォーツとは珪素と酸素だけで形成したとてもシンプルな鉱物です。透明度が高くても低くても、結晶の形が目視出来ても出来なくてもクォーツといいます。珪素と酸素は地表に多く存在するため、地球上で最も広く分布している鉱物です。そのため、世界中で産出します。

クォーツの和名と日本の慣習

クォーツ クラスター

クォーツの和名は「石英(せきえい)」です。日本ではクォーツ(石英)というと透明度が低く、不透明から半透明のものに対してだけ呼ぶ慣習やイメージがあります。ということは、クォーツの正しい意味からは少しズレている感じがします。

水晶とは

水晶 クリスタル ポイント

水晶とは無色で透明度が高く、結晶の形が目視できるクォーツのことです。水晶とは「和名」で、英名ではロック・クリスタル(Rock Crystal)といいます。ちなみに紫色で透明度が高く、結晶の形が目視できるクォーツは「紫水晶(アメシスト)」、黄色なら「黄水晶(シトリン)」、茶色なら「茶水晶(スモーキークォーツ)」といいます。

クォーツグループ(石英族)の分類

クォーツ 水晶 原石

クォーツという名称はクォーツグループ(石英族)という大きなグループの総称でもあります。クォーツは色、透明度、成分、構造などによっていくつかの「種(しゅ)」に分けられます。

・ 透明度が高く結晶の形が目視できる「水晶種」
・ 透明度が低く不透明から半透明で結晶の形が目視出来る出来ないを問わない「石英種」
・ 半透明で極微細な結晶の粒が集合して形成した「玉髄(ぎょくずい)種」
・ その他にはジャスパーやオパールなど

クォーツグループ(石英族)の分類表
石英族 水晶種 水晶(ロック・クリスタル)
紫水晶(アメシスト)
黄水晶(シトリン)
茶水晶(スモーキークォーツ)
針入水晶(ルチル・レイテッド・クォーツ、トルマリネーテッド・クォーツ)
石英種 紅石英(ローズクォーツ)
紫石英(アメシストクォーツ)
黄石英(イエロークォーツ)
玉髄種 玉髄(カルセドニー)
瑪瑙(アゲート)
紅玉髄(カーネリアン)
緑玉髄(クリソプレーズ)
赤縞瑪瑙(サードオニキス)
その他にはジャスパーやオパールなども石英族に属します

 

水晶はクォーツグループの中の1つ

水晶クラスター

クォーツグループ(石英族)の分類表を見ると、水晶はクォーツという大きなグループの中の1つ「水晶種」に属していることが分かります。つまり、水晶はクォーツの中でも無色透明で結晶しているクォーツに対してだけ使われる名称なのです。

水晶 原石 クラスター

多くの方はクォーツと水晶の違いを知っていると思います。しかし、「日本の慣習」や「イメージ」によってクォーツと水晶という名称がもつ意味が曖昧になり分かりにくくなっているのも事実です。海外ではクォーツ(Quartz)と水晶(Rock Crystal)は明確に使い分けられています。そのため日本でもクォーツと水晶の名称が持つそれぞれの意味を正しく理解した上で、日本の慣習とイメージを考慮して使うことがとても大切だと思います。

DSC_0295

2 COMMENTS

  1. 鹿児島の尾之上です。クォーツの分類等大変勉強になりました。今までは色彩や形象等のみで鉱物を
    判断しておりましたが、これで見地や見方が変わりそうです。有難う御座いました。

    • 尾之上さん。コメントありがとございます。少しでもお役に立てて嬉しいです。今後も少しずつ色々な事を書いていきたいと思います。

コメントをどうぞ