Home 手作り・ハンドメイド・クラフト・レシピ ゴールドと同じ輝きを放つゴ...

ゴールドと同じ輝きを放つゴールドフィルドとは

14kgf,ゴールドフィルド

ゴールドフィルドとは

ゴールドフィルド(Gold Filled)とは金を下地材の表面に熱と圧力によって圧着させたものです。和名で「金張り(きんばり)」といいます。

ロールドゴールドとゴールドフィルドの違い

ロールドゴールド(Rolled Gold)は、日本では金を下地材の片面または両面(全面)に貼り付けたものをいいます。そのためゴールドフィルドと同じ意味で使われています。しかし、イギリスでは下地材の両面(全面)に金を貼り付けたものを「ゴールドフィルド」といい、下地材の片面に金を貼り付けたものを「ロールドゴールド」といい、使い分けられています。

ゴールドフィルドに使われる名称や数字の意味

ゴールドフィルドのジュエリーやアクセサリー、パーツの中には「1/20 14KGF」や「1/20 20KGF」などと刻印されているものがあります。この1/20やKGとはどのような意味があるのでしょうか。

1/20

1/20 14KGFの「1/20」とは、下地材の総重量に対して1/20(5%)の14Kが使われていることを表しています。1/20 20KGFであれば1/20(5%)の20Kが使われていることになります。

例)1/20 14KGB ピアスの下地材1gの場合、0.05gの14Kを使用  

K

1/20 14KGFの「K」とは、カラット(Karat)の略で金の品位(割合)を表します。

金の品位

カラット(Karat) 金成分率
24K(純金) 100%
22K 91.66%
20K 83.33%
18K 75.00%
16K 66.66%
15K 62.50%
14K 58.33%
12K 50.00%
10K 41.66%
9 K 37.50%

KG

純金である24Kは柔らかく傷つきやすいため強度、耐久性、加工のメリットを出すために銀、銅、又は亜鉛などの貴金属、卑金属(ひきんぞく)と混ぜ合わせて金合金(KG)にします。「KG」とはカラット・ゴールド(Karat Gold)の略です。

GF

「GF」はゴールドフィルド(Gold Filled)の略です。これらを繋げると「KGF」とはカラット・ゴールド・フィルド(Karat Gold Filled)となります。

14kgf,ゴールドフィルド

ゴールドフィルドと金メッキの厚さの違い

ゴールドフィルドと金メッキでは下地材にコーティングされた層の厚さに大きな差があります。

電着(電気メッキ)などによってコーティングされた金メッキの層の厚さは0.1~数μm(パーツ、等級やメッキ方法によって異なる)ですが、ゴールドフィルドの層の厚さは5~100μm(パーツによって異なる)です。ゴールドフィルドの層の厚さは金メッキよりも約5~25倍もあるため、耐久性が非常に高いといえます。

14kgf,ゴールドフィルド

041A0384fb

長く愛用し大切なジュエリーへ

金と同じ上品な輝きが長く楽しめるため、欧米では古くからジュエリーやアクセサリーのパーツとして使われてきました。そのため、欧米のアンティークショップや蚤の市などではゴールドフィルドが使われた美しいアンティークジュエリーなどを見かけることがあります。

ゴールドフィルドは、長い時間愛用することで独特の雰囲気を持つようになり大切なジュエリーやアクセサリーになっていきます。

14kgf,ゴールドフィルド

NO COMMENTS

コメントをどうぞ