Home 手作り・ハンドメイド・クラフト・レシピ 基本テクニック アクセサリーパーツの基本テ...

アクセサリーパーツの基本テクニック【カツラの付け方】

カツラの付け方

前回の「ツイストコードやヒモの端をキレイに処理する方法」に続き、そのままツイストコードにカツラを付ける方法をご紹介します。
ツイストコードやヒモの端を簡単キレイに処理する2つの方法

用意するもの

まずはカツラが入るか確認します。

1.ツイストコードにカツラが入るか確認します。ツイストコードの太さ3mmでカツラの穴の径も3mmなのでちょうど入りました。

接着剤を楊枝に付けてカツラを付けます。

2.楊枝の先に接着剤を付けて、カツラの穴の中に接着剤を塗ります。

カツラにツイストコードを差し込みます

3.ツイストコードにカツラを被せます。

はみ出た接着剤を拭きます

4.接着剤がはみ出した場合はティッシュ等で素早く拭き取ります。

乾いたら完成です!

6.接着剤が乾いたら完成です!

ここまで出来ると丸カンやアジャスターを付けてブレスレットやネックレスなどのアクセサリーが簡単にできます。クラスプ(留め金具) マグネット ステンレス製を使うとより簡単にアクセサリーの脱着が出来るのでオススメです!

SKY SYSTEMS クラスプ(留め金具) マグネット ステンレス製 1個

NO COMMENTS

コメントをどうぞ