Home Authors Posts by UGS

UGS

30 POSTS 1 COMMENTS
UGS店長の柳橋です。天然石、ハンドメイド、手作りレシピなどについていろいろ書いています。 UGSショッピングサイト

0 2458
タイチン・ルチル・クォーツ

Rutilated Quartz / ルチルレイテッド・クォーツ 

ルチルレイテッド・クォーツとはルチルを含む水晶のことです。水晶が成長する過程でルチルが取り込まれ一緒に成長します。ルチルはチタンと酸素で形成されます。

ルチルの形状は線状、棒状や帯状があります。色は金色、赤茶色、紅色が多いため 和名で「金紅石」といいます。人気が高いこの鉱物は金針ルチルやルチルクォーツなどの誤った名称で呼ばれていますが、 正式名称は「ルチルレイテッド・クォーツ」といいます。

タイチンルチルではなく、タイジン

ルチルレイテッド・クォーツルチルレイテッド・クォーツの中で、ルチルが帯状に太く形成したものを 、日本ではタイチンルチルという名称で呼ばれている場合が多いです。漢字では「太金ルチル」と書かれています。しかし、この呼び方、書き方は間違っています。

タイチンという名 称は日本語ではなく中国語です。正しくは「Tai Jin(タイジン*)」 といいます。タイ(Tai)は「チタン」を意味し、ジン(Jin)は「水晶」を意味します。

中国でタイジンは、主に帯状の太いルチルレイテッド・クォーツに使われる名称です。タイ ジンという言葉だけで「帯状に太いルチル」を意味しているためタイジンルチルとはいいません。日本においてタイチンルチルという誤った名称が広まった背景は、業者が中国語の発音を誤って聞き取り、発音とルチルの見た目から適当な漢字を当てはめたと考えられ ます。そのため日本で呼ばれているタイチンルチルという名称は間違っています。ちなみに中国ではルチルレイテッド・クォーツのことを「金紅石」といいます。しかし、一般的な流通名として針状のルチルレイテッド・クォーツのことは「金髪(Jin Fa)」といい、タイジンと区別して呼ばれています。

taijin_ex

タイジンの価値を決める2つの基準

僕は2つの基準がタイジンの品質を決めると考えています。 1つはルチルの太さと量。もう1つは水晶の透明度です。たっ たこれだけですがとても重要な基準です。僕の経験上、ルチル が太く量が多くなると水晶の透明度が低くなり、水晶の透明度 が高いとルチルは細く量が少なくなります。 また、タイジンがはっきりと美しく見える形状は丸型ではなく スクエア型が1番です。

   gllq_sqr_brc_btm 

0 2958
天然シトリン

シトリン(黄水晶)は黄色で透明感があるクォーツ(石英)です。黄色はクォーツに含まれ る鉄がマグマなどの地熱で加熱されることにより発色します。 一般的に流通しているシトリンの多くは、アメシストを人工的に加熱処理したものです。

天然か、人工処理か。

シトリンの処理について「天然か、人工処理(加熱処理や照射処理など)か」の明確な判別は残念ながら現在の鑑別技 術では見分けることができません。天然のシトリンは産出量が極め て少ないためビーズや置物としては加工されず、ほとん どが一番価値が高い「宝石」として加工されます。しかし、宝 石でも人工的に処理されたものが多くあります。天然のシトリンは大変貴重で、色もスモーキークォーツの茶色に近い黄色からレモン色に近い明るい黄色など様々です。

天然が良くて、人工的に処理されたものがダメかの価値は個人によって大きく別れると思います。 僕は人工的な処理がすべて駄目だとは考えていません。それらを否定してしまうとシトリンが市場にほとんど流通しなくなるからです。ただ、 低品質なものや全く違うものに過度な処理を施し、あたかも高 品質なものとすることや、天然か人工かを証明しづらいにも関わらず安易に「天然シトリン」と名付けることは反対です。

IMG_95771

0 1606
アメシスト,ファセットカット

ファセットカットとは

ファセットカットとは表面をカットして複数の面を施す加工方法のひとつです。これらの面に光が当たると光が透過して屈折と反射をするため宝石が明るく輝いて見えます。一般的にはダイヤモンドやエメラルドなどの透明な宝石に用いられます。

アメシストのファセットカット

at_fc_p_bk1

アメシストは紫色のクォーツです。数多くあるクォーツグループの中で一番高価な宝石として取り扱われています。宝石としての歴史は古くヨーロッパでは25000年前の遺跡から装飾品として加工されたアメシストが発見されています。

 アメシストの紫色は含まれる鉄によって発色します。色の濃淡は含まれる鉄の量で決まります。鉄が多いと濃くなり、少ないと薄くなります。市場で評価が高いアメシストは紫色が濃く透明感があるものです。アメシストはカット研磨されると美しさが増します。それはカットにより内部に光が入り屈折と反射
によって紫色が明るく見え透明感が増すからです。また、カットした面に濃淡の違いが生じて立体的に見え重厚感を感じることも美しさが増す要因のひとつです。

14kgf,ゴールドフィルド

ゴールドフィルドとは

ゴールドフィルド(Gold Filled)とは金を下地材の表面に熱と圧力によって圧着させたものです。和名で「金張り(きんばり)」といいます。

ロールドゴールドとゴールドフィルドの違い

ロールドゴールド(Rolled Gold)は、日本では金を下地材の片面または両面(全面)に貼り付けたものをいいます。そのためゴールドフィルドと同じ意味で使われています。しかし、イギリスでは下地材の両面(全面)に金を貼り付けたものを「ゴールドフィルド」といい、下地材の片面に金を貼り付けたものを「ロールドゴールド」といい、使い分けられています。

ゴールドフィルドに使われる名称や数字の意味

ゴールドフィルドのジュエリーやアクセサリー、パーツの中には「1/20 14KGF」や「1/20 20KGF」などと刻印されているものがあります。この1/20やKGとはどのような意味があるのでしょうか。

1/20

1/20 14KGFの「1/20」とは、下地材の総重量に対して1/20(5%)の14Kが使われていることを表しています。1/20 20KGFであれば1/20(5%)の20Kが使われていることになります。

例)1/20 14KGB ピアスの下地材1gの場合、0.05gの14Kを使用  

K

1/20 14KGFの「K」とは、カラット(Karat)の略で金の品位(割合)を表します。

金の品位

カラット(Karat) 金成分率
24K(純金) 100%
22K 91.66%
20K 83.33%
18K 75.00%
16K 66.66%
15K 62.50%
14K 58.33%
12K 50.00%
10K 41.66%
9 K 37.50%

KG

純金である24Kは柔らかく傷つきやすいため強度、耐久性、加工のメリットを出すために銀、銅、又は亜鉛などの貴金属、卑金属(ひきんぞく)と混ぜ合わせて金合金(KG)にします。「KG」とはカラット・ゴールド(Karat Gold)の略です。

GF

「GF」はゴールドフィルド(Gold Filled)の略です。これらを繋げると「KGF」とはカラット・ゴールド・フィルド(Karat Gold Filled)となります。

14kgf,ゴールドフィルド

ゴールドフィルドと金メッキの厚さの違い

ゴールドフィルドと金メッキでは下地材にコーティングされた層の厚さに大きな差があります。

電着(電気メッキ)などによってコーティングされた金メッキの層の厚さは0.1~数μm(パーツ、等級やメッキ方法によって異なる)ですが、ゴールドフィルドの層の厚さは5~100μm(パーツによって異なる)です。ゴールドフィルドの層の厚さは金メッキよりも約5~25倍もあるため、耐久性が非常に高いといえます。

14kgf,ゴールドフィルド

041A0384fb

長く愛用し大切なジュエリーへ

金と同じ上品な輝きが長く楽しめるため、欧米では古くからジュエリーやアクセサリーのパーツとして使われてきました。そのため、欧米のアンティークショップや蚤の市などではゴールドフィルドが使われた美しいアンティークジュエリーなどを見かけることがあります。

ゴールドフィルドは、長い時間愛用することで独特の雰囲気を持つようになり大切なジュエリーやアクセサリーになっていきます。

14kgf,ゴールドフィルド

0 1948
サードオニキス,ビーズ,アンティーク

1850年頃、ドイツで作られたサードオニキスのアンティーク・ビーズです。ビーズの角が取れ丸みを帯びている状態に、長い年月大切に使われてきたことがわかります。

サードオニキス,ビーズ,アンティーク,

サードオニキス

サードオニキス(sard onyx)とは、赤褐色(せきかっしょく)と白色の縞模様のアゲートのことです。
サードは赤褐色や褐色のカルセドニーのことで、オニキスとはアゲートの中でも白色の縞模様を含むものに対してだけ呼ばれていた名称です。しかし、現在では白色の縞模様を含まない赤褐色、赤色や褐色などの縞模様に対しても、オニキスという名称は使われています。

この古いサードオニキスのビーズの色は、赤褐色と赤色の縞模様なので「カーネリアン・サードオニキス」と呼ぶとより正しい名称だと思います。

長年使われて丸みを帯びたサードオニキスのアンティーク・ビーズには、優しさと柔らかさが備わり、とても温かい雰囲気を感じます。

ブルートパーズ マロンカットのネックレス

ブルートパーズ マロンカットと小判つぶしチェーンを組み合わせた手作りネックレス・レシピです。どなたでも簡単にハンドメイド・ネックレスを作ることができます。

用意するもの

ブルートパーズ マロンカットのネックレス

1 作りたいネックレスの長さを測ります。

ブルートパーズ マロンカットのネックレス

2 ニッパーで希望の長さにカットします。 (Tピン、9ピンの使い方)

ブルートパーズ マロンカットのネックレス

3 チャーム留めしたブルートパーズ マロンカットと丸カンを用意します。 (チャーム留め

ブルートパーズ マロンカットのネックレス

4 丸カンを使いブルートパーズ マロンカットをチェーンの中心に繋ぎます。 (丸カンの使い方

ブルートパーズ マロンカットのネックレス

5 同じ要領で丸カンを使いカニカンとアジャスターをチェーンの両端に繋ぎます。 (丸カンの使い方

ブルートパーズ マロンカットのネックレス

6 完成です。「チャーム留め」は慣れるまでに少し時間がかかりますが、覚えるとハンドメイドや手作りアクセサリーの幅が大きく広がります。

ブルートパーズ マロンカットのネックレス

ブルートパーズ マロンカットが揺れて動くたびにキラキラと輝きます。

0 2433
インペリアル・スギライト

南アフリカのウィーセル鉱山で産出した特別なスギライトです。 通常のスギライトはペンライトなどで光を当てても透過しません。 しかし、稀に通常のスギライトより結晶が緻密で光を透過するスギライトが存在します。

スギライト

インペリアル・スギライト

このような宝石質のスギライトに対して「インペリアル・スギライト(Imperial sugilite)」という宝石名で呼ばれています。光を当てないと通常のスギライトに見え、簡単に判別することはできませんが、ペンライトなどで光を当てると半透明で美しいピンク色や紫色に発色し見分けることができます。

南アフリカのウィーセル鉱山は、世界中で流通しているスギライトのほとんどを産出する場所として知られていますが、インペリアル・スギライトの産出は極めて稀です。

光を透過し明るいピンク色や薄紫色に発色する様子は、思わず見とれてしまうほどの美しさです。

手作りピアスレシピ 淡水パール&フープピアス

フレッシュウォーターパール(淡水パール)とフープピアスを組み合わせた手作りピアス・レシピです。
どなたでも簡単にハンドメイド・ピアスを作ることができます。

用意するもの

手作りピアスレシピ 淡水パール&フープピアス 1 フレッシュウォーターパール(淡水真珠)に丸ピンをさします。IMG_5280 2 丸ピンの長さをカットし輪を作ります。 (Tピン、9ピンの使い方IMG_5271 3 作った輪をフープピアスに通したら完成です。

シンプルながら上品な印象を与えてくれるピアスが簡単にハンドメイドできます。

0 7325
人工水晶、合成水晶、丸玉

よく人工水晶と合成水晶という言葉を耳にします。
どちらも工場で作られた水晶で、天然の水晶ではないということはなんとなくわかります。
では、人工水晶と合成水晶の違いはなんでしょうか。

人工水晶とは

人工水晶、合成水晶、原石

人工水晶の「人工」とは、三省堂の大辞林によると「人の手を加えること。人の力で作ること。」と書いてあります。 つまり、人工水晶とは「人の力によって作られた水晶」となります。

合成水晶とは

人工水晶、合成水晶、原石

合成水晶の「合成」とは、三省堂の大辞林によると「二つ以上の単体または化合物から、化学反応により別の化合物をつくること。」と書いてあります。つまり、合成水晶は「珪素と酸素という二つの単体によって作られた水晶」となります。「人の手、人の力」という言葉はありませんが、明らかに人の力によって作られるものだということはわかります。

人工水晶と合成水晶の違いは呼び名だけ

人工水晶、合成水晶、原石

人工水晶と合成水晶は、両方とも人の力によって作られた水晶で同じものです。では、なぜ呼び名が違うのでしょうか。

現在、日本で人の力によって作られた水晶は「JIS(日本工業規格)」によって「人工水晶」と表記されています。そのため基本的には人工水晶と呼びます。

では、合成水晶という呼び名はどこからきたのでしょうか。

人工水晶の英語表記は「Synthetic quartz crystal(シンセティック・クォーツ・クリスタル)」といいます。海外でも人の手で作られた水晶は「Synthetic quartz crystal」といいます。当然、日本も海外と同じ英語表記です。ただ、問題は「Synthetic」という英語を日本語に訳すと人工ではなく「合成」となります。そのためSynthetic quartz crystalをそのまま訳すと「合成水晶」となり、この呼び名も使われるようになりました。

どちらを呼んだらいいの

人工水晶、合成水晶、さざれ石

人工水晶と呼ぶべきか、合成水晶と呼ぶべきかの問題には、日本の宝飾業界と水晶産業業界の大きな影響を受けています。何故なら宝飾業界は「合成水晶」を使い、水晶産業業界では「人工水晶」を使っているからです。

結論として日本ではJISで表記されている「人工水晶」と呼ぶほうが良いと思います。
しかし、合成という言葉のほうが人工という言葉より明確でわかりやすい事と、海外で正しく通じる事を考慮すると合成水晶(Synthetic quartz crystal)という呼び名をしっかりと知っておく必要があると思います。

何にしても人工水晶も合成水晶も同じものなので呼び名を統一して欲しいです。
ちなみに画像の水晶は全て人工(合成)水晶です。

合成水晶

 

2 18552
水晶 原石 クラスター

クォーツと水晶は、どちらも珪素で形成している鉱物です。
そのため両方とも鉱物的には全く同じものです。
しかし、同じ鉱物にも関わらず何故呼び方が違うのでしょうか。

クォーツとは

クォーツ原石

クォーツとは珪素と酸素だけで形成したとてもシンプルな鉱物です。透明度が高くても低くても、結晶の形が目視出来ても出来なくてもクォーツといいます。珪素と酸素は地表に多く存在するため、地球上で最も広く分布している鉱物です。そのため、世界中で産出します。

クォーツの和名と日本の慣習

クォーツ クラスター

クォーツの和名は「石英(せきえい)」です。日本ではクォーツ(石英)というと透明度が低く、不透明から半透明のものに対してだけ呼ぶ慣習やイメージがあります。ということは、クォーツの正しい意味からは少しズレている感じがします。

水晶とは

水晶 クリスタル ポイント

水晶とは無色で透明度が高く、結晶の形が目視できるクォーツのことです。水晶とは「和名」で、英名ではロック・クリスタル(Rock Crystal)といいます。ちなみに紫色で透明度が高く、結晶の形が目視できるクォーツは「紫水晶(アメシスト)」、黄色なら「黄水晶(シトリン)」、茶色なら「茶水晶(スモーキークォーツ)」といいます。

クォーツグループ(石英族)の分類

クォーツ 水晶 原石

クォーツという名称はクォーツグループ(石英族)という大きなグループの総称でもあります。クォーツは色、透明度、成分、構造などによっていくつかの「種(しゅ)」に分けられます。

・ 透明度が高く結晶の形が目視できる「水晶種」
・ 透明度が低く不透明から半透明で結晶の形が目視出来る出来ないを問わない「石英種」
・ 半透明で極微細な結晶の粒が集合して形成した「玉髄(ぎょくずい)種」
・ その他にはジャスパーやオパールなど

クォーツグループ(石英族)の分類表
石英族 水晶種 水晶(ロック・クリスタル)
紫水晶(アメシスト)
黄水晶(シトリン)
茶水晶(スモーキークォーツ)
針入水晶(ルチル・レイテッド・クォーツ、トルマリネーテッド・クォーツ)
石英種 紅石英(ローズクォーツ)
紫石英(アメシストクォーツ)
黄石英(イエロークォーツ)
玉髄種 玉髄(カルセドニー)
瑪瑙(アゲート)
紅玉髄(カーネリアン)
緑玉髄(クリソプレーズ)
赤縞瑪瑙(サードオニキス)
その他にはジャスパーやオパールなども石英族に属します

 

水晶はクォーツグループの中の1つ

水晶クラスター

クォーツグループ(石英族)の分類表を見ると、水晶はクォーツという大きなグループの中の1つ「水晶種」に属していることが分かります。つまり、水晶はクォーツの中でも無色透明で結晶しているクォーツに対してだけ使われる名称なのです。

水晶 原石 クラスター

多くの方はクォーツと水晶の違いを知っていると思います。しかし、「日本の慣習」や「イメージ」によってクォーツと水晶という名称がもつ意味が曖昧になり分かりにくくなっているのも事実です。海外ではクォーツ(Quartz)と水晶(Rock Crystal)は明確に使い分けられています。そのため日本でもクォーツと水晶の名称が持つそれぞれの意味を正しく理解した上で、日本の慣習とイメージを考慮して使うことがとても大切だと思います。

DSC_0295