Home Tags Posts tagged with "クォーツ"

クォーツ

0 2458
タイチン・ルチル・クォーツ

Rutilated Quartz / ルチルレイテッド・クォーツ 

ルチルレイテッド・クォーツとはルチルを含む水晶のことです。水晶が成長する過程でルチルが取り込まれ一緒に成長します。ルチルはチタンと酸素で形成されます。

ルチルの形状は線状、棒状や帯状があります。色は金色、赤茶色、紅色が多いため 和名で「金紅石」といいます。人気が高いこの鉱物は金針ルチルやルチルクォーツなどの誤った名称で呼ばれていますが、 正式名称は「ルチルレイテッド・クォーツ」といいます。

タイチンルチルではなく、タイジン

ルチルレイテッド・クォーツルチルレイテッド・クォーツの中で、ルチルが帯状に太く形成したものを 、日本ではタイチンルチルという名称で呼ばれている場合が多いです。漢字では「太金ルチル」と書かれています。しかし、この呼び方、書き方は間違っています。

タイチンという名 称は日本語ではなく中国語です。正しくは「Tai Jin(タイジン*)」 といいます。タイ(Tai)は「チタン」を意味し、ジン(Jin)は「水晶」を意味します。

中国でタイジンは、主に帯状の太いルチルレイテッド・クォーツに使われる名称です。タイ ジンという言葉だけで「帯状に太いルチル」を意味しているためタイジンルチルとはいいません。日本においてタイチンルチルという誤った名称が広まった背景は、業者が中国語の発音を誤って聞き取り、発音とルチルの見た目から適当な漢字を当てはめたと考えられ ます。そのため日本で呼ばれているタイチンルチルという名称は間違っています。ちなみに中国ではルチルレイテッド・クォーツのことを「金紅石」といいます。しかし、一般的な流通名として針状のルチルレイテッド・クォーツのことは「金髪(Jin Fa)」といい、タイジンと区別して呼ばれています。

taijin_ex

タイジンの価値を決める2つの基準

僕は2つの基準がタイジンの品質を決めると考えています。 1つはルチルの太さと量。もう1つは水晶の透明度です。たっ たこれだけですがとても重要な基準です。僕の経験上、ルチル が太く量が多くなると水晶の透明度が低くなり、水晶の透明度 が高いとルチルは細く量が少なくなります。 また、タイジンがはっきりと美しく見える形状は丸型ではなく スクエア型が1番です。

   gllq_sqr_brc_btm 

2 18552
水晶 原石 クラスター

クォーツと水晶は、どちらも珪素で形成している鉱物です。
そのため両方とも鉱物的には全く同じものです。
しかし、同じ鉱物にも関わらず何故呼び方が違うのでしょうか。

クォーツとは

クォーツ原石

クォーツとは珪素と酸素だけで形成したとてもシンプルな鉱物です。透明度が高くても低くても、結晶の形が目視出来ても出来なくてもクォーツといいます。珪素と酸素は地表に多く存在するため、地球上で最も広く分布している鉱物です。そのため、世界中で産出します。

クォーツの和名と日本の慣習

クォーツ クラスター

クォーツの和名は「石英(せきえい)」です。日本ではクォーツ(石英)というと透明度が低く、不透明から半透明のものに対してだけ呼ぶ慣習やイメージがあります。ということは、クォーツの正しい意味からは少しズレている感じがします。

水晶とは

水晶 クリスタル ポイント

水晶とは無色で透明度が高く、結晶の形が目視できるクォーツのことです。水晶とは「和名」で、英名ではロック・クリスタル(Rock Crystal)といいます。ちなみに紫色で透明度が高く、結晶の形が目視できるクォーツは「紫水晶(アメシスト)」、黄色なら「黄水晶(シトリン)」、茶色なら「茶水晶(スモーキークォーツ)」といいます。

クォーツグループ(石英族)の分類

クォーツ 水晶 原石

クォーツという名称はクォーツグループ(石英族)という大きなグループの総称でもあります。クォーツは色、透明度、成分、構造などによっていくつかの「種(しゅ)」に分けられます。

・ 透明度が高く結晶の形が目視できる「水晶種」
・ 透明度が低く不透明から半透明で結晶の形が目視出来る出来ないを問わない「石英種」
・ 半透明で極微細な結晶の粒が集合して形成した「玉髄(ぎょくずい)種」
・ その他にはジャスパーやオパールなど

クォーツグループ(石英族)の分類表
石英族 水晶種 水晶(ロック・クリスタル)
紫水晶(アメシスト)
黄水晶(シトリン)
茶水晶(スモーキークォーツ)
針入水晶(ルチル・レイテッド・クォーツ、トルマリネーテッド・クォーツ)
石英種 紅石英(ローズクォーツ)
紫石英(アメシストクォーツ)
黄石英(イエロークォーツ)
玉髄種 玉髄(カルセドニー)
瑪瑙(アゲート)
紅玉髄(カーネリアン)
緑玉髄(クリソプレーズ)
赤縞瑪瑙(サードオニキス)
その他にはジャスパーやオパールなども石英族に属します

 

水晶はクォーツグループの中の1つ

水晶クラスター

クォーツグループ(石英族)の分類表を見ると、水晶はクォーツという大きなグループの中の1つ「水晶種」に属していることが分かります。つまり、水晶はクォーツの中でも無色透明で結晶しているクォーツに対してだけ使われる名称なのです。

水晶 原石 クラスター

多くの方はクォーツと水晶の違いを知っていると思います。しかし、「日本の慣習」や「イメージ」によってクォーツと水晶という名称がもつ意味が曖昧になり分かりにくくなっているのも事実です。海外ではクォーツ(Quartz)と水晶(Rock Crystal)は明確に使い分けられています。そのため日本でもクォーツと水晶の名称が持つそれぞれの意味を正しく理解した上で、日本の慣習とイメージを考慮して使うことがとても大切だと思います。

DSC_0295