Home Tags Posts tagged with "クラフト"

クラフト

14kgf,ゴールドフィルド

ゴールドフィルドとは

ゴールドフィルド(Gold Filled)とは金を下地材の表面に熱と圧力によって圧着させたものです。和名で「金張り(きんばり)」といいます。

ロールドゴールドとゴールドフィルドの違い

ロールドゴールド(Rolled Gold)は、日本では金を下地材の片面または両面(全面)に貼り付けたものをいいます。そのためゴールドフィルドと同じ意味で使われています。しかし、イギリスでは下地材の両面(全面)に金を貼り付けたものを「ゴールドフィルド」といい、下地材の片面に金を貼り付けたものを「ロールドゴールド」といい、使い分けられています。

ゴールドフィルドに使われる名称や数字の意味

ゴールドフィルドのジュエリーやアクセサリー、パーツの中には「1/20 14KGF」や「1/20 20KGF」などと刻印されているものがあります。この1/20やKGとはどのような意味があるのでしょうか。

1/20

1/20 14KGFの「1/20」とは、下地材の総重量に対して1/20(5%)の14Kが使われていることを表しています。1/20 20KGFであれば1/20(5%)の20Kが使われていることになります。

例)1/20 14KGB ピアスの下地材1gの場合、0.05gの14Kを使用  

K

1/20 14KGFの「K」とは、カラット(Karat)の略で金の品位(割合)を表します。

金の品位

カラット(Karat) 金成分率
24K(純金) 100%
22K 91.66%
20K 83.33%
18K 75.00%
16K 66.66%
15K 62.50%
14K 58.33%
12K 50.00%
10K 41.66%
9 K 37.50%

KG

純金である24Kは柔らかく傷つきやすいため強度、耐久性、加工のメリットを出すために銀、銅、又は亜鉛などの貴金属、卑金属(ひきんぞく)と混ぜ合わせて金合金(KG)にします。「KG」とはカラット・ゴールド(Karat Gold)の略です。

GF

「GF」はゴールドフィルド(Gold Filled)の略です。これらを繋げると「KGF」とはカラット・ゴールド・フィルド(Karat Gold Filled)となります。

14kgf,ゴールドフィルド

ゴールドフィルドと金メッキの厚さの違い

ゴールドフィルドと金メッキでは下地材にコーティングされた層の厚さに大きな差があります。

電着(電気メッキ)などによってコーティングされた金メッキの層の厚さは0.1~数μm(パーツ、等級やメッキ方法によって異なる)ですが、ゴールドフィルドの層の厚さは5~100μm(パーツによって異なる)です。ゴールドフィルドの層の厚さは金メッキよりも約5~25倍もあるため、耐久性が非常に高いといえます。

14kgf,ゴールドフィルド

041A0384fb

長く愛用し大切なジュエリーへ

金と同じ上品な輝きが長く楽しめるため、欧米では古くからジュエリーやアクセサリーのパーツとして使われてきました。そのため、欧米のアンティークショップや蚤の市などではゴールドフィルドが使われた美しいアンティークジュエリーなどを見かけることがあります。

ゴールドフィルドは、長い時間愛用することで独特の雰囲気を持つようになり大切なジュエリーやアクセサリーになっていきます。

14kgf,ゴールドフィルド

ブルートパーズ マロンカットのネックレス

ブルートパーズ マロンカットと小判つぶしチェーンを組み合わせた手作りネックレス・レシピです。どなたでも簡単にハンドメイド・ネックレスを作ることができます。

用意するもの

ブルートパーズ マロンカットのネックレス

1 作りたいネックレスの長さを測ります。

ブルートパーズ マロンカットのネックレス

2 ニッパーで希望の長さにカットします。 (Tピン、9ピンの使い方)

ブルートパーズ マロンカットのネックレス

3 チャーム留めしたブルートパーズ マロンカットと丸カンを用意します。 (チャーム留め

ブルートパーズ マロンカットのネックレス

4 丸カンを使いブルートパーズ マロンカットをチェーンの中心に繋ぎます。 (丸カンの使い方

ブルートパーズ マロンカットのネックレス

5 同じ要領で丸カンを使いカニカンとアジャスターをチェーンの両端に繋ぎます。 (丸カンの使い方

ブルートパーズ マロンカットのネックレス

6 完成です。「チャーム留め」は慣れるまでに少し時間がかかりますが、覚えるとハンドメイドや手作りアクセサリーの幅が大きく広がります。

ブルートパーズ マロンカットのネックレス

ブルートパーズ マロンカットが揺れて動くたびにキラキラと輝きます。

手作りピアスレシピ 淡水パール&フープピアス

フレッシュウォーターパール(淡水パール)とフープピアスを組み合わせた手作りピアス・レシピです。
どなたでも簡単にハンドメイド・ピアスを作ることができます。

用意するもの

手作りピアスレシピ 淡水パール&フープピアス 1 フレッシュウォーターパール(淡水真珠)に丸ピンをさします。IMG_5280 2 丸ピンの長さをカットし輪を作ります。 (Tピン、9ピンの使い方IMG_5271 3 作った輪をフープピアスに通したら完成です。

シンプルながら上品な印象を与えてくれるピアスが簡単にハンドメイドできます。

チャームド留め参照

チャーム留めは難しそうにみえますが、少し練習すると誰でも簡単につくることができます。お洒落なマロンカットブリオレットカットなどのビーズに用いることができるとても役立つテクニックです。

用意するもの

クラフトワイヤーの長さをはかりカットします

1 クラフトワイヤーを約5-6cmの長さにカットします。(ビーズのサイズに応じて長さは変わります)

ビーズにワイヤーを通します

2 カットしたクラフトワイヤーをペリドットに通します。通す長さは全長の約1/3です。

ワイヤーをクロスさせます

3 2-3回ほど巻ける幅を残してクラフトワイヤーをクロスさせます。

クロスしたクラフトワイヤーをねじります

4 クロスしたクラフトワイヤーを半周ねじります。

丸ペンチではさみ輪をつくります

5 長いほうのクラフトワイヤーを丸ヤットコではさみ輪をつくります。

輪をつくったもの

6 輪をつくった状態です。

平ヤットコで挟みます

7 平ヤットコで輪と短いほうのクラフトワイヤーを一緒に挟みます。

ワイヤーを巻いていきます

8 長い方のクラフトワイヤーを輪からビーズのほうに2-3回ほど巻いていきます。

余分なクラフトワイヤーをカットします

9 ニッパーを使い余分なクラフトワイヤーをカットします。

平ヤットコで整える

10 平ヤットコを使いカットした部分を軽く押さえて整えていきます。

丸ヤットコで輪を整えます

11 丸ヤットコを使い輪の部分を整えます。

チャーム留めの完成

12 完成です。

最初の数回は上手くいかなかったり形がキレイにできなかったりしますが、慣れてしまえば数分でつくるこができます。チャーム留めができると作りたいと思い描くデザインのアクセサリーが沢山作ることができるようになります。ぜひ、チャレンジしてみてください。

ピアスの作り方

Tピンと丸カンの基本テクニックを使って、簡単に素敵なオリジナルピアスを作ることができます。

用意するもの

Tピンをパールにさす。

1 フレッシュウォーターパールにTピンを差し込み輪を作ります。(Tピン、9ピンの使い方

ピアス金具に丸カンをつける。

2 ピアスU字フックに丸カンをつなげます。(丸カンの使い方

丸カンにTピンをつなげます。

3 Tピンを丸カンにつなげます。(Tピン、9ピンのつなげ方

フレッシュウォーターパールのピアスが完成です。

4 完成です。

これはひとつのデザインです。他にもチェーンや9ピンをつなげるなど、アイディア次第で色々なオリジナルピアスを簡単に作ることができます。ぜひ、ハンドメイドを楽しんで下さい。

丸カンをねじりながら広げます

9ピンやチャームなどを使うときに欠かせない丸カンの使い方です。
開閉して繋ぐことで簡単に使うことができます。

用意するもの

2本のペンチで左右から挟む
1.丸カンの切れ目を上にして2本のペンチで挟みます。

前後にねじって開く
2.前後にねじるように開きます。

成功例と失敗例
上の写真右のように開閉します。

開いた丸カンにパーツを通します
4.開いた丸カンをパーツやチャームなどに通して、広げた時と同じようにねじりながら閉じます。隙間ができた場合はペンチで横から挟んで閉じてください。(強い力で挟むと歪んでしまいますので注意してください)

丸カンを使ったサンプルの完成!
5.あっという間に完成です。

開いて繋げたり、付けたいところに閉じるだけで簡単にアクセサリーを作ることができます。
丸カンを使うだけでデザインの幅がグンと広がりお店で販売しているようなワンランク上のアクセサリーに仕上がります。

 

ビーズ通し針を使って「通す」、「結ぶ」だけで誰でも簡単に自分だけの天然石ブレスレットを作ることができます。今回はビーズ通し針をそのまま使う方法と、端をペンチで切ってV字にして使ってみました。 bdndl_10-1

用意するもの

 ビーズ通し針をそのまま使う方法

bdndl_10-2 1.ビーズ針を開いてクリスタルストリングを通します。 bdndl_10-3 初めは1本に通していくので、クリスタルストリングの端は短くしておきます。 bdndl_10-4 2.インカローズビーズを通していきます。 bdndl_10-5 3.すべて通したら、今度は折り返して最後の玉のほうから再度通していきます。 bdndl_10-6 すべて通し終えました。 bdndl_10-7 4.ビーズ通し針を外して、端の輪にクリスタルストリングを1本通しましす。 bdndl_10-8 ビーズを端に寄せて、クリスタルストリングを2~3回ほど結びます。(結び目は最後玉の穴に隠すので穴の大きさを確かめて結んでください) bdndl_10-9 5.クリスタルストリングの余っている部分を切って、結び目をビーズで隠します。  

端をニッパーで切ってV字にして使う方法

クリスタルストリングを4重に通したい場合は端を切ってV字にすると、簡単に通す事ができます。 今度はクリスタルストリングを4重にして作ってみます。 bdndl_10-10 1.端をニッパーで切ります。長さが約10㎝ありますので、半分に切ると5㎝のビーズ通し針が2つ出来ます。 bdndl_10-11 4重にして通すので、眺めにクリスタルストリングを用意します。(写真では約100cm用意しました) bdndl_10-12 2.ビーズ通し針にクリスタルストリングを掛けます bdndl_10-13 通し終えました。端は輪と2本のクリスタルストリングが出ています。 bdndl_10-14 3.ビーズ通し針を外して、2重の輪の方に逆の輪を通します。 bdndl_10-15 ビーズを端に寄せて、クリスタルストリングを2~3回ほど結びます。(結び目は最後玉の穴に隠すので穴の大きさを確かめて結んでください) bdndl_10-9 5.クリスタルストリングの余っている部分を切って、結び目をビーズで隠します。 bdndl_10-16 完成です! 最初は何度か練習が必要ですが、ビーズ通し針を使うと、デザインが決まっていれば5分程でブレスレットを作ることが簡単に作ることができるので、便利です!

ビーズ通し針 0.3mm×10cm 1本
ビーズ通し針 0.3mm×12cm 1本
手作りブレスレット用の天然石ビーズはこちら