Home 手作り・ハンドメイド・クラフト・レシピ 基本テクニック アクセサリーパーツの基本テ...

アクセサリーパーツの基本テクニック【Tピン、9ピンの使い方】

9ピン、Tピンの基本テクニック

Tピン、9ピンはチェーンやピアス金具、9ピン同士などをつなぐアクセサリーパーツです。Tピン、9ピンを使うとお店やデパートで取り扱っているような素敵なアクセサリーを作ることができます。

用意するもの

9ピンをインカローズビーズに通す

1 ピンをビーズの通し穴に通します。

9ピンを平ヤットコで曲げます。

2 ピンを平ペンチで挟み90度に曲げます。手で曲がる場合は手で曲げても問題ありません。

9ピンをニッパーでカットします。

3 ビーズの通し穴から約6-10mmの位置でニッパーを使いピンをカットします。小さい輪を作りたいときはピンを短く残してカットし、大きい輪を作りたいときはピンを長く残してカットします。輪の大きさに応じて調整しながらカットします。

9ピンを丸ヤットコを使い輪を作ります。

4 曲げたピンの先を自分の方に向けます。手の甲を自分の方に向けて、ピンの先端を丸ヤットコで挟みます。輪の大きさは丸ヤットコの挟む位置によって変わってきます。

半円を作ります。

5 ピンをしっかり挟みながら手首をひねり半円を作ります。

最後調整します。

6 一度ピンを離して、もう一度ピンを挟み直します。輪になるように少しずつ調整しながら手首をひねります。

2015-2-27-9

7 ピンの先端の隙間が無くなり、向きやズレを直したら完成です。

9ピンの輪の位置を揃える方法

輪の向きが揃っていない9ピン

1 9ピンの輪が向きが揃って作れない時があります。その場合は、平ヤットコや丸ヤットコなどを使い輪の向きを整える必要があります。

平ヤットコと丸ヤットコで輪を挟みます。

2 9ピンの両方の輪を平ヤットコや丸ヤットコで挟みます。

輪を平行に整えます。

3 輪の向きが平行になるようにねじって整えます。

9ピンを通したインカローズビーズ

4 完成です。輪の向きが揃うと見た目にも綺麗なアクセサリーに仕上がります。

最初のうちはTピン、9ピンで綺麗な輪を作るのは慣れるまで難しいと思います。しかし、何度も繰り返し作ることでカットする長さ、丸ヤットコで挟む位置、輪にする力加減などを意識しなくても感覚として身につき、同じサイズの輪を素早く簡単に作ることが出来るようになります。

2 COMMENTS

コメントをどうぞ