Home 天然石ノート 瑪瑙、アゲート、カルセドニ...

瑪瑙、アゲート、カルセドニーという名称を曖昧に使っていませんか?

0 6522
アゲート

瑪瑙(めのう)、アゲート、カルセドニーという名称は有名なので天然石が好きな人ならばほとんど知っているのではないでしょうか。しかし、広く知られているにも関わらず何がどのように違うかということが明確ではなく、曖昧な感じで使われている気がします。

アゲートとカルセドニーの違い

アゲートとカルセドニーは「玉髄類(ぎょくずいるい)」というグループに含まれる鉱物です。
玉髄類とは、非常に細かいクォーツの結晶が集まって塊状に形成した半透明なクォーツ(石英)のことです。この玉髄類の中で縞模様があるものを「アゲート」、縞模様がなく色が比較的均一なものを「カルセドニー」といいます。名称は縞模様の有無によって変わります。

瑪瑙とは

ブルーレースアゲート

日本の市場では瑪瑙、アゲート、カルセドニーの3つの名称がよく使われています。
それでは「瑪瑙」とは何でしょうか?

瑪瑙とはアゲートの和名です。
日本でも古くからあり、七宝(しっぽう)のひとつとして大切にされてきました。

カルセドニーの和名は?

カルセドニー

カルセドニーの和名は「玉髄(ぎょくずい)」といいます。
瑪瑙という和名は有名でよく使われていますが、カルセドニーの和名である玉髄は瑪瑙に比べて有名でないためかあまり使われていません。

曖昧な原因は瑪瑙にあり

アゲート

カルセドニーを瑪瑙として販売しているのをよく見かけますが、カルセドニーであれば玉髄という名称が正しいはずです。しかし、日本ではアゲートとカルセドニーを一緒にして「瑪瑙」と呼んでいます。そのため瑪瑙、アゲート、カルセドニーという名称の定義が曖昧になり、分かりにくい原因となっています。

「アゲートは瑪瑙」、「カルセドニーは玉髄」と正しく区分して使うことで、シンプルで分かりやすくなります。

NO COMMENTS

コメントをどうぞ