Home Tags Posts tagged with "水晶"

水晶

0 2604
タイチン・ルチル・クォーツ

Rutilated Quartz / ルチルレイテッド・クォーツ 

ルチルレイテッド・クォーツとはルチルを含む水晶のことです。水晶が成長する過程でルチルが取り込まれ一緒に成長します。ルチルはチタンと酸素で形成されます。

ルチルの形状は線状、棒状や帯状があります。色は金色、赤茶色、紅色が多いため 和名で「金紅石」といいます。人気が高いこの鉱物は金針ルチルやルチルクォーツなどの誤った名称で呼ばれていますが、 正式名称は「ルチルレイテッド・クォーツ」といいます。

タイチンルチルではなく、タイジン

ルチルレイテッド・クォーツルチルレイテッド・クォーツの中で、ルチルが帯状に太く形成したものを 、日本ではタイチンルチルという名称で呼ばれている場合が多いです。漢字では「太金ルチル」と書かれています。しかし、この呼び方、書き方は間違っています。

タイチンという名 称は日本語ではなく中国語です。正しくは「Tai Jin(タイジン*)」 といいます。タイ(Tai)は「チタン」を意味し、ジン(Jin)は「水晶」を意味します。

中国でタイジンは、主に帯状の太いルチルレイテッド・クォーツに使われる名称です。タイ ジンという言葉だけで「帯状に太いルチル」を意味しているためタイジンルチルとはいいません。日本においてタイチンルチルという誤った名称が広まった背景は、業者が中国語の発音を誤って聞き取り、発音とルチルの見た目から適当な漢字を当てはめたと考えられ ます。そのため日本で呼ばれているタイチンルチルという名称は間違っています。ちなみに中国ではルチルレイテッド・クォーツのことを「金紅石」といいます。しかし、一般的な流通名として針状のルチルレイテッド・クォーツのことは「金髪(Jin Fa)」といい、タイジンと区別して呼ばれています。

taijin_ex

タイジンの価値を決める2つの基準

僕は2つの基準がタイジンの品質を決めると考えています。 1つはルチルの太さと量。もう1つは水晶の透明度です。たっ たこれだけですがとても重要な基準です。僕の経験上、ルチル が太く量が多くなると水晶の透明度が低くなり、水晶の透明度 が高いとルチルは細く量が少なくなります。 また、タイジンがはっきりと美しく見える形状は丸型ではなく スクエア型が1番です。

   gllq_sqr_brc_btm 

0 7756
人工水晶、合成水晶、丸玉

よく人工水晶と合成水晶という言葉を耳にします。
どちらも工場で作られた水晶で、天然の水晶ではないということはなんとなくわかります。
では、人工水晶と合成水晶の違いはなんでしょうか。

人工水晶とは

人工水晶、合成水晶、原石

人工水晶の「人工」とは、三省堂の大辞林によると「人の手を加えること。人の力で作ること。」と書いてあります。 つまり、人工水晶とは「人の力によって作られた水晶」となります。

合成水晶とは

人工水晶、合成水晶、原石

合成水晶の「合成」とは、三省堂の大辞林によると「二つ以上の単体または化合物から、化学反応により別の化合物をつくること。」と書いてあります。つまり、合成水晶は「珪素と酸素という二つの単体によって作られた水晶」となります。「人の手、人の力」という言葉はありませんが、明らかに人の力によって作られるものだということはわかります。

人工水晶と合成水晶の違いは呼び名だけ

人工水晶、合成水晶、原石

人工水晶と合成水晶は、両方とも人の力によって作られた水晶で同じものです。では、なぜ呼び名が違うのでしょうか。

現在、日本で人の力によって作られた水晶は「JIS(日本工業規格)」によって「人工水晶」と表記されています。そのため基本的には人工水晶と呼びます。

では、合成水晶という呼び名はどこからきたのでしょうか。

人工水晶の英語表記は「Synthetic quartz crystal(シンセティック・クォーツ・クリスタル)」といいます。海外でも人の手で作られた水晶は「Synthetic quartz crystal」といいます。当然、日本も海外と同じ英語表記です。ただ、問題は「Synthetic」という英語を日本語に訳すと人工ではなく「合成」となります。そのためSynthetic quartz crystalをそのまま訳すと「合成水晶」となり、この呼び名も使われるようになりました。

どちらを呼んだらいいの

人工水晶、合成水晶、さざれ石

人工水晶と呼ぶべきか、合成水晶と呼ぶべきかの問題には、日本の宝飾業界と水晶産業業界の大きな影響を受けています。何故なら宝飾業界は「合成水晶」を使い、水晶産業業界では「人工水晶」を使っているからです。

結論として日本ではJISで表記されている「人工水晶」と呼ぶほうが良いと思います。
しかし、合成という言葉のほうが人工という言葉より明確でわかりやすい事と、海外で正しく通じる事を考慮すると合成水晶(Synthetic quartz crystal)という呼び名をしっかりと知っておく必要があると思います。

何にしても人工水晶も合成水晶も同じものなので呼び名を統一して欲しいです。
ちなみに画像の水晶は全て人工(合成)水晶です。

合成水晶

 

2 19985
水晶 原石 クラスター

クォーツと水晶は、どちらも珪素で形成している鉱物です。
そのため両方とも鉱物的には全く同じものです。
しかし、同じ鉱物にも関わらず何故呼び方が違うのでしょうか。

クォーツとは

クォーツ原石

クォーツとは珪素と酸素だけで形成したとてもシンプルな鉱物です。透明度が高くても低くても、結晶の形が目視出来ても出来なくてもクォーツといいます。珪素と酸素は地表に多く存在するため、地球上で最も広く分布している鉱物です。そのため、世界中で産出します。

クォーツの和名と日本の慣習

クォーツ クラスター

クォーツの和名は「石英(せきえい)」です。日本ではクォーツ(石英)というと透明度が低く、不透明から半透明のものに対してだけ呼ぶ慣習やイメージがあります。ということは、クォーツの正しい意味からは少しズレている感じがします。

水晶とは

水晶 クリスタル ポイント

水晶とは無色で透明度が高く、結晶の形が目視できるクォーツのことです。水晶とは「和名」で、英名ではロック・クリスタル(Rock Crystal)といいます。ちなみに紫色で透明度が高く、結晶の形が目視できるクォーツは「紫水晶(アメシスト)」、黄色なら「黄水晶(シトリン)」、茶色なら「茶水晶(スモーキークォーツ)」といいます。

クォーツグループ(石英族)の分類

クォーツ 水晶 原石

クォーツという名称はクォーツグループ(石英族)という大きなグループの総称でもあります。クォーツは色、透明度、成分、構造などによっていくつかの「種(しゅ)」に分けられます。

・ 透明度が高く結晶の形が目視できる「水晶種」
・ 透明度が低く不透明から半透明で結晶の形が目視出来る出来ないを問わない「石英種」
・ 半透明で極微細な結晶の粒が集合して形成した「玉髄(ぎょくずい)種」
・ その他にはジャスパーやオパールなど

クォーツグループ(石英族)の分類表
石英族 水晶種 水晶(ロック・クリスタル)
紫水晶(アメシスト)
黄水晶(シトリン)
茶水晶(スモーキークォーツ)
針入水晶(ルチル・レイテッド・クォーツ、トルマリネーテッド・クォーツ)
石英種 紅石英(ローズクォーツ)
紫石英(アメシストクォーツ)
黄石英(イエロークォーツ)
玉髄種 玉髄(カルセドニー)
瑪瑙(アゲート)
紅玉髄(カーネリアン)
緑玉髄(クリソプレーズ)
赤縞瑪瑙(サードオニキス)
その他にはジャスパーやオパールなども石英族に属します

 

水晶はクォーツグループの中の1つ

水晶クラスター

クォーツグループ(石英族)の分類表を見ると、水晶はクォーツという大きなグループの中の1つ「水晶種」に属していることが分かります。つまり、水晶はクォーツの中でも無色透明で結晶しているクォーツに対してだけ使われる名称なのです。

水晶 原石 クラスター

多くの方はクォーツと水晶の違いを知っていると思います。しかし、「日本の慣習」や「イメージ」によってクォーツと水晶という名称がもつ意味が曖昧になり分かりにくくなっているのも事実です。海外ではクォーツ(Quartz)と水晶(Rock Crystal)は明確に使い分けられています。そのため日本でもクォーツと水晶の名称が持つそれぞれの意味を正しく理解した上で、日本の慣習とイメージを考慮して使うことがとても大切だと思います。

DSC_0295

0 4397
レムリアン水晶の条線

水晶の柱面(ちゅうめん)には平行な線があります。
非常に細かい線や階段のように段々になっている線まで色々です。
その見た目がまるでバーコードのように見えることから、スピリチュアルやヒーリングの世界ではそのまま「バーコード」と呼び広く知られているようです。

しかし、この線の正しい呼び名はバーコードではありません。

正しい呼び名は条線

ブラジル水晶の条線

この線の正しい呼び名は「条線(じょうせん)」といいます。
条線とは結晶面に直角や平行にできる線のことです。
結晶面の成長や双晶(そうしょう)の繰り返しによって生じます。

他の天然石の条線

トルマリンの条線

条線は水晶だけでなくトルマリン、トパーズ、クンツァイトなど色々な天然石の結晶にも生じます。

サファイアの条線

それぞれの天然石の結晶によって条線の向きに違いがあります。

インペリアルトパーズの条線

水晶やコランダム(サファイア)は柱面に対して条線が「横(直角)」にあり、トルマリンやトパーズなどは柱面の「縦(平行)」に条線があります。

条線は結晶面の異常

水晶の条線

非常に安定した環境下で成長した結晶面には条線がなく完全に平滑なものが形成されます。

しかし、ほとんどの天然石は常に環境が激しく変化する中で成長します。そのため、結晶面の異常で生じる条線は欠点でも欠陥でもなく、逆に天然石の面白さであり魅力でもあります。

0 8025

天然石の中で一番有名で身近にあるものといえば「水晶」ですね。
無色透明で昔から見る人を惹きつけてきた鉱物です。

そんな水晶。
成分や硬度などはよく知られていますが、どのくらいの時間でできたか(形成)は知られていません。
はたして水晶はどのくらいの時間をかけてできるのでしょうか。

何万年、何億年

「何万年、何億年という時を越え育まれた水晶」
「何千年、何億年の歳月をかけてゆっくりと育った水晶」

これらのコメントは天然石やパワーストーンのお店でよく目にしたり聞いたりする情報です。
言い回しこそ違いますが、どこも基本的には同じような年月です。

しかし、本当に水晶が作られるのに何万年、何億年もかかるのでしょうか?
そうしたら工業用など色々な用途に使われる人工水晶(合成水晶)もとんでもない時間がかかって作られていることになります。

人工水晶(合成水晶)ができるまでの時間

141212-2

「人工水晶(合成水晶)」とは、人が人工的に合成して作った水晶のことです。
天然の水晶ができるのに気が遠くなる時間がかかるのであれば、人工水晶も当然時間がかかると考えられます。

しかし、実際には違います。
人工水晶がオートクレーブと呼ばれる大きな釜で合成される時間はわずか数十日から数ヶ月です。もちろんサイズによって時間は大きく変わってきますが、何万年や何億年もかかりません。

水晶ができるまでの時間

141212-2

人工水晶ができるまでの時間から考えると、天然水晶ができる時間も同じように短いと考えられます。そして、同じ水晶なので人工水晶と天然水晶は、ほとんど同じ時間でできるのではないかということも考えられます。しかし、これは違います。

理由は「人工水晶と天然水晶ではできる環境が全く異なる」からです。

人工水晶は温度、濃度、圧力などが完璧にコントロールされた環境下で合成されます。工業用製品なので時間とコストをかけずに良い水晶を作ることが最大の目的です。

天然水晶は鉱床内で温度、濃度、圧力などが絶えず変化する環境下で形成されます。このような環境では当然成長のスピードが一定ではなく成長が止まったり再成長を繰り返していきます。これが天然水晶の魅力でもあります。

このことから天然水晶ができるまでの時間は
「およそ数年から数百年」と考えられています。

しかし、残念ながらこれは正しい答えではありません。
なぜかというと誰も天然水晶ができる場面や時間を計測したこと(できない)がないからです。
そのためあくまで推測でしかありません。

ただ一言いえることは「何万年、何億年もかけて育たない」ということです。
何万年、何億年前にできた水晶はあると思います。
それらが採掘されて僕たちの手元にあると考えると、とてもロマンを感じます。

0 2845

天然石の世界で一番有名で身近にある石は「水晶」だと思います。
その水晶を言い表す言葉の中に「クリスタル」があります。
色々な方とお話をしていてよく耳にします。
話の流れから水晶のことを言っていることは分かります。

しかし、このクリスタルという言葉が水晶を言い表すことは正しいのでしょうか?

「クリスタルとは」

そもそもクリスタルとはどのような意味なのでしょうか。
いきなり答えですが、クリスタルとは「結晶」という意味です
金属、人工物、鉱物など結晶さえしていればなんでも「クリスタル」といいます。
ちなみに結晶とは近山晶著書の「宝石宝飾大辞典」には

「規則正しく原子配列(結晶構造)をもち、いくつかの平滑な面(結晶面)で囲まれた幾何学的な多面体のことを指す。」

-引用:近山晶「宝石宝飾大事典」(近山晶宝石研究所)p.239より-

と書いてあります。非常に難しい文章ですが、簡単にいうと「同じ原子や分子が規則正しく並んで構成したもの」と考えるとわかりやすいと思います。

ここまでクリスタルの言葉の意味について書いてきましたが水晶を意味する内容はひとつもありません。

「クリスタルという言葉で水晶を言い表すには」

水晶のことを言っているつもりでも、クリスタルと言うと「結晶」という意味になってしまいます。例えば「クリスタルの8mm」は「結晶の8mm」、「ヒマラヤ山脈のクリスタル」は「ヒマラヤ山脈の結晶」、「クリスタルパワー」は「結晶パワー」という感じです。言っていることはなんとなくわかるし通じます。

クリスタルという言葉使って水晶を言い表すには「ロッククリスタル(rock  crystal)」や「クリスタリンクォーツ(crystalline quartz)」という英名で正しく言う必要があります。

ということで「クリスタル」という言葉の正しい意味をきちんと理解した上で使うことが大変重要だと思います。